特許取得のオリジナル治具の紹介

放電加工用電極に新しい道が拓かれた

当製品はフライス加工、ワイヤー加工が併せて必要な場合に真価を発揮します。 

従来は、フライスで必要な形状を削るほか、ワイヤー加工の際に芯出しするため

長めの四角い部分を削り残すか、あるいはセンターをずらして加工をする方法を取っていた。

しかし、当製品を使えば芯出し用の長めの四角は不要で、センターをずらす必要も無く、

高精度で加工できる。

新しい治具の特長

フライス、ワイヤー、研削、放電加工においてワークのセンターを共有することができる。

それぞれの工作機械にセットされた

固定ベースセンターの座標を出しておけば、

ワークを交換してもあらためて

芯出しする必要がありません。

固定ベースと可動ベースを組み合せたとき、

芯のズレは3ミクロン以内と高精度である。

可動ベースのポケットが12ミリと浅いのでワークが節約できます。

ベースの厚みが固定と可動あわせても

30ミリと、一般に使われている一体型と同じである。

従来の電極の場合、数回に分けて作業していた事を一回にまとめる事が出来る。 そのため作業の効率が格段にアップする。

センターを共有できる

3ミクロン以内の高精度

(当社調べ)

ワークの節約

複雑な電極に対応可能

使用方法

■固定ベース

■可動ベース

■固定可動合わせ

■固定ベースの薄型

当製品はワークを保持するベースが固定ベースと可動ベースの2つに分割することができる。 工作機械側に固定ベースをセットし、そのセンターの座標を確認する、

次にワークが8本のネジで締められた可動ベースを、固定ベースの上に載せ4本のボルトで締めて加工する。

・薄型タイプもあります。

加工事例

複雑な形状にも対応できるため、ワークをこのような加工が可能です。

多様なアタッチメントに対応

汎用性もしっかりとあり主要メイカーのアタッチメントに対応しています。

3R

SNT

エロワ用

その他お問合せください

主な仕様

特許取得 登録番号 

第5759607号

35年プラスチック金型作りを続けてきたなかで、

製作において多くの課題がありました。

その現場の作業工程を改善するため

生み出された新しい商品です。